運送業・ディーラーナンバー・レンタカー許可 診療所・薬局開設・医療関連サービスマーク他

運送業

Delivery vans運賃をいただいてトラック輸送や霊柩運送を行うには一般貨物運送業の許可を得て緑のナンバーを着ける必要があります。
日本の物流の根幹をなす事業ですが、事故の危険性や事業の重要性から新規許可はもとより、増車減車の申請、事業実績の報告など必要になる手続きが非常に多くあります。

 

新規許可の要件

 一般貨物霊柩
営業所事務機器等を設置できる十分な広さがあること
休眠施設原則として営業所または車庫に隣接していること
車 庫原則として営業所に併設するものであること
縦横それぞれ車両の大きさ+1m以上あること
必要車両数最低5台以上1台以上
運行管理者
整備管理者
台数に応じた要資格者の配置が必要
整備士または2年以上の実務経験+選任前研修
5台以下の場合は不要
資金要件所要資金の50%以上で事業開始当初資金の100%以上の自己資金があること
 所要資金
車両費一括購入の場合は全額
リース、ローンの場合は料金の6ヵ月分
土地費
(車庫等)
取得の場合は取得価格全額
ローン、賃借の場合は6ヵ月分
建物費
(営業所・休眠施設)
取得の場合は取得価格全額
ローン、賃借の場合は6ヵ月分
運転資金人件費や燃料代等の2ヵ月分
保険料等自動車保険料の1年分
租税公課租税公課の1年分

開業の流れ

1. お打ち合わせ
許可に向けた打ち合わせ、営業所や車庫等の現地調査等を行います
2. 申請書作成・提出
添付書類等の収集・作成を経て申請書を提出します
3. 法令試験
個人の場合はご本人様、法人の場合は常勤の役員に受けていただきます
4. 審査
運輸局による審査が入ります
5. 許可証の交付
審査に通れば許可証が交付されます
6. 車両の登録・運輸開始届提出
営業に必要な緑ナンバーの取得、運輸開始届を提出します
7. 営業開始
いよいよ営業の開始です

 

弊所では許可申請のみならず、創業融資の手続きや車両の購入サポートも承っております。
また、新規許可のみならず、増車・減車などの手続き、事業報告・事業実績報告も承ります。
お気軽にご相談ください。

夜間休日のご相談希望の方は事前にご予約願います TEL 048‐667-5550 営業時間 10:00~19:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士札木法務事務所 All Rights Reserved.