運送業・ディーラーナンバー・レンタカー許可 診療所・薬局開設・医療関連サービスマーク他

古物商許可

古物商リサイクルショップ、中古自動車販売など中古品を売買するには都道府県の公安委員会で古物商許可を取得する必要があります。
特に自動車販売店様においてはオートオークション会場の会員登録や中古車販売サイトへの掲載契約の際に古物手帳のコピー提出が必須になります。
また、創業融資などを申し込む際にも必要な許認可を得ていることが条件となりますので、早めの準備が必要です。

古物商許可の基準

個人営業法人営業管理者
住民票(本籍/国籍記載のもの)1通役員全員分1通
身分証明書※1通役員全員分1通
登記されてないことの証明書1通役員全員分1通
誓 約 書1通役員全員分1通
略 歴 書1通役員全員分1通
登記簿謄本1通
定款の写し1通
URLの使用権限を疎明する資料WEBを利用する場合のみWEBを利用する場合のみ

古物営業開始までの流れ

 

1. 打ち合わせ
申請にあたり必要な事項を確認させていただきます。
2. 申請書作成・提出
添付書類の準備、申請書を作成し警察署へ提出してまいります。
3. 古物手帳交付
許可が下りたら警察署で古物手帳(許可証)を受け取ります。
4. 営業開始
いよいよ営業開始です。

 

古物の売買は許可を取得してからでないとできません。手続き一つ間違えただけで開業時期が遅れ、ビジネスチャンスを逃すこともあり得ます。弊所ではお忙しいあなたに代わり、行政機関との打ち合わせから申請書類の作成・提出まで、ワンストップで対応いたします。お気軽にご相談ください。

夜間休日のご相談希望の方は事前にご予約願います TEL 048‐667-5550 営業時間 10:00~19:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士札木法務事務所 All Rights Reserved.