運送業・ディーラーナンバー・レンタカー許可 診療所・薬局開設・医療関連サービスマーク他

訪問介護

食事介助

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事生活援助、生活等に関する相談及び助言その他の要介護者に必要な日常生活上の世話を行う事業です。

 介護保険の指定基準

訪問介護事業で介護保険から報酬をうけるには許可(介護保険事業者指定)を受けなければなりません。

運営主体NPO、株式会社などの法人
管理者常勤1名(兼務可)
サービス提供責任者常勤で訪問介護に専従する者1名以上
訪問介護員常勤換算で2.5名以上

運営主体
NPO法人や株式会社など民間法人である必要があります。
※個人事業は認められません。

管理者
専らその職務に従事する者で常勤である必要があります。
※兼務も可能で、開業時は代表者がサービス提供責任者と管理者を兼務するケースも多くあります。

サービス提供責任者
訪問介護に専従する常勤者で1名以上(利用者40人ごとに1名追加)配置する必要があります。
※介護福祉士、実務者研修修了者、初任者研修修了者(要3年以上の実務経験)等の資格が必要です。

訪問介護員
常勤換算で2.5名以上の訪問介護員が必要です。
※介護福祉士、実務者研修修了者、初任者研修修了者等の資格が必要です。

 

訪問介護を立ち上げるには、人員だけでなく、従業員の事務スペース・利用者等のための相談室・手指の洗浄設備がある事務所を確保するなど設備の要件も必要になります。

訪問介護開業の流れ

 

1. 事前協議
図面の確認や人員の配置計画について事前に自治体と協議します
2. 申請書作成・提出
添付書類等の収集・作成を経て申請書を提出します
3. 審査
自治体による審査が入ります。
4. 指定・副本の交付
審査後指定を受け副本が交付されます。
5. 営業開始
いよいよ営業開始です。

 

弊所では訪問介護と介護タクシーや福祉用具貸与などの同時申請も承っております。
あなたの開業が成功するように、全力でサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

夜間休日のご相談希望の方は事前にご予約願います TEL 048‐667-5550 営業時間 10:00~19:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士札木法務事務所 All Rights Reserved.