運送業・ディーラーナンバー・レンタカー許可 診療所・薬局開設・医療関連サービスマーク他

薬局・ドラッグストア開設

cb8b25ea1612d128e06186a487ca2c65_m

医薬品の販売事業は、医師の処方箋に基づいて調剤する薬局、市販されている一般薬を店舗で販売する店舗販売業、家庭や事業所に置き薬の薬箱を配置して販売する配置販売業の3つに分けられます。開設するにはそれぞれに要件を満たして保健所から許可を受ける必要があります。

薬局(調剤薬局)開業の要件

取り扱える薬剤すべての医薬品
面積面積:おおむね19.8㎡以上  調剤室 :6.6 ㎡以上 待合室 :6.6 ㎡以上
天井:床面から天井まで2.1ⅿ以上
照明医薬品の陳列、交付場所:60ルックス以上調剤台の上:120ルックス以上
設備・待合場所と調剤室の間の床面から0.9ⅿ以内の高さに透視面を設けること
・透視面は縦1ⅿ以上、横1.3ⅿ以上の大きさであること
・調剤室が他の場所と壁によって明確に区別されていること
・鍵のかかる貯蔵設備
必要な機器・液量器(20㏄及び200㏄のもの)・温度計(100℃)・水浴調剤台・軟膏板・乳鉢(散剤用のもの)及び乳棒・はかり(感量10㎎及び感量100㎎のもの)・ビーカー・ふるい器 へら・メスピペツト及びピペツト台・メスフラスコ及びメスシリンダー・薬匙・ロート及びロート台・調剤に必要な書籍

※毒物劇物を取り扱うには別途登録が必要です

店舗販売/配置販売

店舗販売業配置販売業
取り扱える薬剤一般用医薬品(市販薬)のみ一般用医薬品(市販薬)のみ
管理者薬剤師又は登録販売員
(第一類を扱う場合は薬剤師のみ)
薬剤師又は登録販売員
(第一類を扱う場合は薬剤師のみ)
面積面積:おおむね13.2㎡以上
照明陳列、交付場所:60ルックス以上
設備・電気冷蔵庫又はガス冷蔵庫
(冷暗が必要な医薬品を取り扱う場合)
・鍵のかかる貯蔵設備
(毒薬を取り扱う場合)
要指導医薬品・薬剤師が医薬品について情報提供すること
・鍵のかかる設備などの措置が必要
取り扱い不可
第一種医薬品・薬剤師が医薬品について情報提供
・鍵のかかる設備などの措置が必要
第一類医薬品を配置販売する時間内は、区域内での薬剤師の常勤が必要

新規開設フローチャート

1. 事前相談
工事着工前に平面図などをもって保健所に事前相談する必要があります。
2. 工事着工・申請書類作成
工事を進めている間に、申請書類の作成や添付書類の準備を行います。
3. 開設許可申請書提出
立入検査の日程調整などもありますので、開業の目途がついてから申請します。
4. 立入検査
保健所から衛生面などの検査が入ります。内装工事や機器の納入はこの時までに終えていなければなりません。
5. 許可証の交付
許可証が交付されて開業手続きが完了です。

※保険薬局の場合は許可後に厚生局への保険薬局申請が必要です。また、保険薬局申請の際も立入検査が入ります。

薬局・ドラッグストア・置き薬販売などの開業は通常の起業と異なり複雑な手続きが必要となります。
手続き一つ間違えただけで開業時期が遅れることもございます。
弊所ではお忙しいあなたに代わり、行政機関との打ち合わせから申請書類の作成・提出まで、ワンストップで対応いたします。
お気軽にご相談ください。

夜間休日のご相談希望の方は事前にご予約願います TEL 048‐667-5550 営業時間 10:00~19:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士札木法務事務所 All Rights Reserved.