運送業・ディーラーナンバー・レンタカー許可 診療所・薬局開設・医療関連サービスマーク他

医療・介護関連

  • HOME »
  • 医療・介護関連

説明をする医師医療・介護は人の生命に直結する極めて重要な役割を担っています。
そのような重責を担っているだけに事業にも高いハードルがあります。
また、一口に医療関連といいましても、直接医療行為を行う病院・診療所から病院内での業務を請け負う業者までさまざまな業務がございます。
弊所ではクリニックや治療院の開設からMS法人の設立、医療関連サービスマークの取得まで医療・介護に携わる皆様を全力でサポートいたします。

 

診療所・病院開設

クリニックの開設には開設予定建物の構造上の要件を満たす必要がございます。また、常時3人以上の医師が勤務する場合は、専属の薬剤師が必要になります。

詳しくはこちら

医療法人設立

今、いわゆる一人医師医療法人が増えています。一人医師とは言っても設立は二人以上の医師がいる医療法人と何ら変わらないにもかかわらず増えているのは、税制面のみならず相続・事業承継の対策としてメリットも大きいからでしょう。

詳しくはこちら

治療院開設

按摩マッサージ指圧師や鍼灸師、柔道整復師の治療院・施術所の開設も法律上の要件を満たす必要があります。また、「あはき」と「柔整」を同じ院内で施術する場合など注意が必要なケースもございます。

詳しくはこちら

 医療機器販売

コンタクトレンズや補聴器などの医療機器を販売やレンタルするには保健所に届け出る必要がございます。また取り扱う医療機器の種類によっては厳しい許可要件をクリアする必要がございます。

詳しくはこちら

薬局・ドラグストア開設

薬局を開業するには管轄する保健所に事前相談のうえで許可を取得する必要があります。また、保険調剤には厚生局から許可を受ける必要があります。それぞれに申請書類や添付書類が異なるので注意が必要です。

詳しくはこちら

医療関連サービスマーク

医療機関内で清掃やクリーニング、給食等のサービスを提供業者を認定するのが医療関連サービスマークです。医療に関連するサービスで入札参加などをご検討されている事業所様にとっては必須の認定でございます。

詳しくはこちら

医療は人の生命にかかわることもあり、関連する事業の申請は非常に複雑です。弊所では、医療・介護関連の皆様が本業に打ち込めるよう、あなたの代わりに面倒なお手続きを代行いたします。土日祝日のご相談も承ります。お気軽にご相談ください。

夜間休日のご相談希望の方は事前にご予約願います TEL 048‐667-5550 営業時間 10:00~19:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士札木法務事務所 All Rights Reserved.