運送業・ディーラーナンバー・レンタカー許可 診療所・薬局開設・医療関連サービスマーク他

株式会社設立

創業・独立株式会社を設立するには、いくつかの決め事があります。
会社の名称はどうするか、何を事業の目的とするのか、資本金は誰がいくら払うのか、株式は何株発行するのか、本店はどこに置くのか・・・
これらの事項を一つ一つ積み上げて初めて法人としてビジネスのスタートラインに立つことができるのです。
弊所では、会社を設立させるだけでなく、スタートした先にある目的を丁寧に汲み上げ、設立法人に反映させることが何より大切だと考えております。

 

弊所のポリシー

1.顧問契約等は必要ありません

設立を安くする代わりに年間の顧問契約が必須で結局高くついた。。。という話をよく耳にします。トータルで考えると損をしているようではもったいないです。弊所では、あなたが望む契約以外を強要することは一切ございません。もちろん、あなたのご要望があれば税理士等の紹介や経営にかんするサポートは惜しみません。

2.設立後のサポートこそが重要です

せっかく法人成りしたのに、許認可に必要な条件が整ってなかった。。。許認可に疎い方が設立した際によく起こることです。このようなことを防ぐためには、設立後の事業運営を見据えて、その事業に関連する、あるいは関連しそうな許認可等も含めて様々な角度から検証し、進める必要があります。

 3.ワンストップで対応いたします

創業時は、やることが山積みで時間がいくらあっても足りないくらいです。弊所では、あなたが経営に必要な業務に専念できるよう無駄な時間はいただきません。必要最小限の打ち合わせの上で、定款の作成から設立登記までワンストップで対応いたします。

株式会社設立の流れ

1. 出資金の払込
設立後の会社の資本金となる金銭を払い込みます。
2. 定款の作成
会社名や目的、取締役などから、運営にかかわるルールまでを定める「定款」と呼ばれる基本ルールを作成します。
3. 定款の認証
2で作成した基本ルールである「定款」は公証役場で法律に適合したものであることの確認を受ける必要があります。
4. 法人の設立登記
設立登記が完了して初めて株式会社の設立が完了します。

※登記手続きは提携司法書士に依頼して対応いたします。

 

株式会社の設立は手段であって目的ではありません。弊所では、設立後の許認可申請や創業融資手続きなどスムーズな経営ができるよう全力でサポートいたします。お気軽にご相談ください

夜間休日のご相談希望の方は事前にご予約願います TEL 048‐667-5550 営業時間 10:00~19:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士札木法務事務所 All Rights Reserved.